読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喧喧囂囂侃侃諤諤

世の中のニュースなど色々なことに色々コメントをしてみよう

壮行試合


2年連続の敗戦となった

 

練習試合で、早大・立教大の1,2年生とやった際には

試合らしい形にはなったが

さすがに大学代表とトップチームになると力の差は歴然としてしまうようだ

 

4年の歳の差はなんともしがたい部分があるのだろう

 

特に、試合が金属バットから木製バットになることで

個人のミート力が格段に露呈する事になる

 

対して、投手に関してはやはり日本のレベルは総じて高いといえよう

初回の失点だけであとは、無失点に抑えきった

 

打ち勝つ野球では無く、守り勝つ野球を目指す代表監督にとって

この投手陣は心強いだろう

 

このあと始まるアジア選手権

初見の投手をどのように打つかがポイントになるが

こちらは同年代との対戦であり

各国とのレベル差を考えれば、世界大会出場権は難いだろうが

何が起こるか分からないのが試合である

 

幸い、U-15カテゴリーでの世界大会出場経験や

シニアリトルやボーイズで全国大会などの経験を持つ選手がいる

これらの経験は心強い限りである

 

台湾で開催されることで

時差も少なく中継される事で

まだまだ高校野球の余韻が楽しめる