読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喧喧囂囂侃侃諤諤

世の中のニュースなど色々なことに色々コメントをしてみよう

偏在しているのが問題ではないか?

国内 医療 教育


本当に医者不足なのだろうか?

 

偏在していることが問題ではないだろうか?

 

私学と国公立では、育成にかかるコストの出資元が異なる

このポイントを、医者の偏在の解消に利用できないだろうか?

 

私学は、満額自費で医者になっている事から

自身の自由という権利は尊重されるだろう

 

が、国公立は国民の税金により大部分が賄われいる

ということは必然的に国民に利益還元を行う義務が

発生するのではないだろうか?

 

ことに、地域医療など過疎地区での医者不足は切実である一方

都市部では、総合病院や大学病院などに

医者が充実している部分が見て取れる

 

国公立卒の医者には、ある程度の強制力を持って

国内の医療事情の改善に寄与する義務を付けてはどうだろうか?

10年の奉公期間を設けるなど

免除するには、医学部時代のコストの7割の還元を代償とするなど

ある程度の束縛を設けてはどうだろうか?

 

これであれば「職業選択の自由」には抵触しないのではないだろうか?

NPBのドラフトと同じで、プロ野球選手になる自由は保障されるが

球団を選択する自由はないのであるのだから

 

このケースと同じであると考えれば、

国公立医学生に医療奉仕(無償ではない)を義務づける事は

悪くないアイデアであると思う