読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喧喧囂囂侃侃諤諤

世の中のニュースなど色々なことに色々コメントをしてみよう

政策が大混乱だ

果たして、これまでのオバマ政策はどうなるか そう取り換えの憂き目あうのではないだろうか? アメリカでは皆保険は不可能に近い状態であり その解決を狙った政策であったが うまく機能しているかに関しては疑問符がつくのだろう しかしこうも政策が破棄され…

これまでの議論は一体?

これまでに未成年への投与には 注意喚起がされていたタミフルであるが その議論に明確な回答が出来ていない状況だが 今月内に、1歳未満の乳児にも保険適応での投与が可能となった 現行、未成年への投与は 異常行動の可能性が指摘されており 投与の際には、…

保険料が解決するか?

これは、保険料の解決の一躍を担うのではないだろうか? 錠剤を飲んでいることので安心感もあるが このような方法で自己治癒力を引き上げる効果があるのなら これはかなりの保険料の軽減になるのではないだろうか ただ、治療法として認可されないとなると 叶…

危険因子の導線

喫煙による遺伝子変異の統計であるが 肺や咽頭などで起こるのは理解出来る また有害物質の解毒を行う肝臓も、なるほどである それ以降の、腎臓や膀胱にまで作用が及ぶのはびっくりだ つまりは体内に取り込まれた後 すべての導線で、遺伝子変異の作用を起こす…

植物状態の考え方

非常に難しい問題である 植物状態であっても、生きているのであることは間違いない 意識がない 自発呼吸が出来ない など様々なケースがあるだろうが この状況になったときに 家族や周辺はどのようにふるまうことがよいのだろうか? 非常に難しい問題である …

この価格に関する差は

この価格の差はなんだろうか? 価格を下げる代わりに 特例措置として独占販売権を5年延長する等の 策を講じては如何だろうか? これはあまりにも酷い価格設定だろう しかも、適応症が拡大されたのだから 市場は大きくなり、出荷数も増えているはずであろう …

公衆衛生的には。。

さて避妊技術の革新の種が出来たようだ 技術としては革新的だが 公衆衛生的にはどうだろう STDの感染拡大の片棒を担ぐことになりかねないだろうか STDに関しては、唯一が非接触だが それを伴わない避妊技術には 課題が残ることになるだろう

化血研の職務怠慢さに呆れる

1企業として、同様の事を行ったら 確実の廃業の憂き目にあるだろう が化血研は、その業務の特殊性から 国よりかなりの優遇措置として寛大な処分で済んでいたが 再び杜撰な製造方法が明るみに出た 経営陣および製造責任者の業務監督責任の追及と 各人のこれ…

骨折がボルト要らずで治るか?

複雑骨折などの難しい骨折も 人工骨で補填する事が出来たら 予後が非常に良いことになるだろう 現行検証では、頭蓋骨など比較的負荷が緩い箇所での検証であるが これが四肢のような負荷のかかる部位でも 同様の効果が認められれば非常に良い技術になるだろう…

オブジーボ 高い?安い?

いくら良い薬でも高ければ使われにくいだろう 現状ではオブジーボがその典型であろう 純粋に研究や開発には費用がかかっている また効果の検証のため臨床試験にも費用がかかっている これらの費用が薬価に反映されてる それはどの薬剤でも同じである 問題は…

論理的思考で考えると

E型肝炎の根本的な原因が 生肉を食べることによるものではないのではないか? 生肉食禁止でも抑制が利かないのであれば 意味のない禁止令ではないか 隠れて食べているから減ってないとの見方もあるが。。。 個人的には非常に悲しい 生レバやささみなど好物で…

ドクターフィッシュ

血管の中を、ドクターフィッシュが泳ぐ なんとも不思議な感じであるが これで血管は傷つかないのかが非常に気になる もう一つは、如何にして目的地まで誘導が出来るかであるが。。。 まだまだ生態分解性の素材に変化させるなど 課題は多いが、夢の技術となる…

エコ&ヘルシー

非常に有用な情報だと思う 旅行先では、場所場所の距離感が分かりにくく このように歩数で表示されるのは非常に有り難い が、観光客では土地土地の治安状況が把握出来にくいために この状況が有効活用しにくい面もある 海外観光客が増加の一途をたどり 2020…

医療とIT

ビジネスの世界では IT企業が、医療関連企業の買収を行っている 最初聞いた際には違和感はあったが 遺伝子情報の解析データの保存やデーターベース化などで その重要度は高いようだ そして何より重要なのは 遺伝子情報自体に価値が出る可能性を秘めている事…

一つの考えられる可能性であるが

大気汚染が酷い地区で アルツハイマー病が有意に増加しているかが焦点か? また大気汚染地区での平均寿命が他地区と同じであり かつアルツハイマー病の発症に差が認められるかもポイントではないだろうか ここで注目すべきは 超微粒子が体内に侵入し脳内に蓄…

やはり宿主域の関係で

やはり霊長類での検証が行われたようだ 神経細胞に親和性の強いウイルスであるのであろう メカニズムの解析とともに その結果をベースとした治療薬 また、予防ワクチンの完成を早急に願いたい 実験動物としてサルが用いることが出来る事が明らかになったので…

クリスパー技術

デザインドベイビー 10年前にはSFの話であったものが 技術的は可能な世の中になった 問題は、科学技術に 人間の倫理が追いついていないのである 古典的な遺伝子操作は、品種改良という形で行われてきた 従順な性格の狼同士を交配させ続けることで 扱いやす…

ワクチン接種

関西空港を中心として麻疹の感染が広がっている 空港職員が尼崎に帰省した際に そこでも感染を拡大させた可能性も出てきている 20ー30代の働き盛りの年代は ワクチン接種が不十分で 発症を抑制できるだけの十分な免疫を維持できていない事も 感染の拡大…

ガンvs人造ウイルス

実験的には、人造ウイルスは頻繁に見られる が、非自然由来のウイルスであることもあり その取り扱いは厳重な閉鎖環境と 適切な手技を必要とする それら技術をうまく利用することで ガン腫瘍を叩くことが出来る技術が確立しそうであるとの報告 ただやはり安…

検証のしようがない

検証実験が出来ない分、 疫学調査の結果から推測するしかない この部分が痛いところであろう 宿主になるのはヒトだけかが 検証実験出来るかの重要なポイントである ブラジルでの感染拡大が懸念されたが それとは関係なく東南アジアでの感染拡大が起きてきた…

偏在しているのが問題ではないか?

本当に医者不足なのだろうか? 偏在していることが問題ではないだろうか? 私学と国公立では、育成にかかるコストの出資元が異なる このポイントを、医者の偏在の解消に利用できないだろうか? 私学は、満額自費で医者になっている事から 自身の自由という権…

水辺が多い地区

メキシコ湾岸の州は 湿度が高く水辺が多い また温暖な気候であることから 蚊の活動期間が一年中になる可能性がある このことから、かなりの感染拡大が予想される また乾燥地区にいても 家に芝生を生やしていたり プールを併設していることから 蚊にとって必…

老化にも良いことが。。。

たまたまの結果なのか? 老化にも良いことがあるようである 老化関連物質が、ミュータンス菌を抑制するとのこと ただ本来のこの物質の働きは、何なんだろうか? そこが大きなポイントであり ここが解明されない限り、医薬品として利用するにはリスクがつきま…

思わぬ形で

オリンピックが無ければ このジカ熱ウイルスは、 これほど研究の対象として 注目されたのだろうか? 研究スピードからして 製薬会社などは積極的には研究には動いていないだろう 現在の成果は、大学や公的研究機関であるアカデミアと呼ばれるヒト達の成果で…

攻殻機動隊?トータルリコール?マトリックス?

人間の知覚は、すべて電気信号で成されているから 神経に人為的に電流を流すことで コントロールすることは、理論上可能であろう その理論からSF化したのが 攻殻機動隊 トータルリコール マトリックス などなどであった 特にマトリックスは、このあたりの…

早急ではないだろうか?

先日、飲み合わせで 重篤な副作用が出ることが示されたオブジーボ 確かに、効果が高く求める患者数が多い薬剤ではあるが このタイミングでの適応拡大は、安全保証が出来ているのだろうか? 薬価の高い薬剤であることでも知られているが 適応が拡大されつつけ…

特効薬であるが

かなり効果の高い特効薬として重宝されているオブジーボだが なにせ薬価が高い 新規の作用機序による抗がん剤であることから 併用が期待される部分があったのだが 予想外の副作用がでたようだ エビデンスが不足している中での 併用使用であったようだ 再度同…

統計上の

統計上の話なのだが 基準値が厳しすぎる気もしなくもない とはいえ、努力目標として このような指標がある方が良いのも確かである が、下手に指標があると 周囲から色々言われて 面倒なことになるもの事実であるが なんとも自制することは難しい物である

ゲノム編集ついに霊長類へ

新たな実験動物の確立である これまでにマウスでの 多く用いられてきていたが それが霊長類で可能になったとのことだ これにより、他家移植の実証研究が出来ることになった このサルからヒトへの技術転用の壁は高いが マウスからヒトへの壁に比べればそう高…

新興感染症

人間の経済活動とともに それまで接触することのなかった病原体と邂逅することが多くなった これが新興感染症の増加に繋がっているだろう 現在ではひとたび人間社会に進入した場合には 交通網の発達により急速に感染が拡大する事が懸念される また非接触であ…

医療用としては

医療用としては、かなり効果が認められるので 要望が多いようであるが 嗜好品としての規制があるため難しいのかもしれない そもそも大麻は、古来から神道でも使われており お祓いの際のフサフサのものも 元々大麻草の干した物であった また祭器などに使用す…

水素水

普通に考えて何か作用があるとは思えない 溶解した水素が活性酸素(以下略) との説明してるものも見かけるが。。。 要は 2H2+O2→2H2Oっていうのを言ってるつもりなのだろうが これは水素を燃焼させる必要があり その上でエネルギーが発生し、水になる訳…

後発品の雄

日本では一向に普及しない後発医薬品 その中で、昔からこの 後発医薬品に注目し製造してきた医薬品メーカー ここで契約社員を正社員にしたということは 後発医薬品の停滞気味の流れが 大きく変わるという読みがあってのことだろうか 雇用に関するイマドキの…

SFじゃないんだから

倫理的にというか 技術的に可能なんだろうか? 脊髄とかの神経接続は? 拒絶反応は? 骨髄は入れ替えるの? 首回りの筋肉は繋がるの? 疑問符しか思い浮かばない 正直な所、中国では このような表沙汰になる物以外にも 秘密裏に行われている洒落にならない …

迅速診断だけでは。。。

大いなる進歩で 新たなツールが出てきた が、如何に迅速診断ができようが ジカウイルスに対する抗ウイルス薬はまだ存在していないために 迅速診断後に出来ることは ・感染拡大防止のための隔離 ・熱など症状に対する対処療法 に限られてしまう この診断方法…

やっきになっている

どうもジカ熱は小頭症以外の後遺症も引き起こすようだ 胎児に対する影響が、大きくクローズアップされているが 成人でも四肢にマヒの起こるギラン・バレー症候群をも引き起こすことが報告されている どうもこのウイルスは、神経系に特異性があるようだ この…

現象論

確かに、結果として腫瘍発症の可能性が上がるようだが。。。 世の中には様々な電磁波はあふれている 無線もしかり デジタル放送波もしかり 電子レンジもしかり 確かに携帯の電磁波はここ十数年で飛躍的にその量は増えただろう 携帯の電磁波以外の電磁波との…

エンジェルとなりうるか?

特許の権利の兼ね合いが折衝が付いたからそこの連携契約だろう どれだけの恩恵が、若手研究者に降りてくるのだろうか? また基礎から臨床に繋ぐことが出来る人材がどれほど国内で育っているだろうか? ビジネスとサイエンスを両方見る事が出来る視野を持つ研…

これ好都合と

公衆衛生の観点から言えば 開催はすべきでないと言えよう 確固たる予防法がないまま 大量のヒトが流入し また帰国してゆく ウイルスが、拡散してしまうことは間違いない 感染を恐れて選手が集まらない可能性も危惧されている また政権不安や治安の問題も解決…

中期的展望での予測

北半球が夏季になることで 媒介する蚊の活動が活発化による感染の拡大が懸念されているのか ただ蚊の活動範囲はある程度の範囲に限られることから やはり如何に早期に感染者を発見隔離治療できるかがネックだろう 数人程度の感染が確認された状況では 定着し…

備えあれば憂い無し

ウイルス自体が根絶されない限りは 毎年このような危険をはらむことになる 幸いなことに、去年に感染が確認されなかったことから 国内でのウイルスの定着は起こっていないようである 国内では、梅雨時期になり水たまりなどが頻繁に維持されることになり ウイ…

研究費の分配の最適化方法

科研費の審査を匿名で行われてきたが 審査側には、申請者の情報はすべて開示されており 万が一、申請者が審査者の競合相手であった場合には 不利を被る可能性はあった またある程度の未発表の先行実験のデータも載っているので アイディアの流用も可能である…

今が活躍時だ

滑走路が要らないと言う点で 非常に有用な輸送機になりうるオスプレイ 今が、活躍しどきである 事故の懸念があり反対意見も多いが 輸送路が確保しにくい状況下では やはり空路が良いだろう 特に、道路の寸断や橋の崩壊で孤立地域となっている場合には ある程…

経験者だから言えること

被災地への支援というものは難しいものである ただ闇雲に送ればよいというものでもなく 本当に何が必要であるかを精査しなくてならず 送り手側がその情報を入手する必要がある この上記の投稿のように リアルな声は何より良い情報源であり 知識となるだろう …

異種間移植

かなり先の長い話になるだろうが 技術的に確立されれば 飛躍的な医学の進歩になるだろう が、豚の細胞を使わずに 自身のiPS細胞(遺伝子編集も可)で 作成したインスリン産生細胞ではダメなのだろうか? 進化の過程でゲノム内に取り込まれたウイルスなどが …

これまでジカ熱って?

細胞レベルの実験で ジカウイルスが神経細胞の死滅を促進することが報告された この先には小頭症との因果関係の解明が待っているのだが 次には、動物実験に移ると見られるが ジカウイルスに感染するモデル動物は存在するだろうか? 齧歯類が実験では定番に使…

ルール無用か?

何でもありと言わざる終えない 中国の生命科学研究 記事に寄れば、改変後に子宮内に戻したとは書かれていない が、本当にやっていないのだろうか? その辺の疑いは消えない このような事が出来れば 改造人間などを生産することが可能になってしまう 「ミオス…

神話は根強いが。。。

抗生剤の使用制限。。。 難しい気がする 抗生物質神話は、根強いだろう 効果が菌に限られるとはいえ 風邪などでも、頻繁に処方される それが当たり前になっているなか あと5年で35%弱のカットは厳しいのではないだろうか? 乱用により耐性菌の出現は 由…

感染が微妙に拡大

そんな中で朗報が届いた ジカウイルスの構造が解明されたとの事 次世代シークエンサーの存在に依り 飛躍的にゲノム解析の速度が上がっている ジカウイルスの全ゲノムが解明されるのも時間の問題であるだろう これで、治療・予防薬の手がかりが見つかる公算が…

渦中の先生。。。

やはりゴッドハンドなのであろう あの一件で、今後色々と曰く付きのような目で見られ続けるが やはり持っているアイデア・技術は一級品なのであろう 暴露本のような本も出されたが ビクともしないのは、 この技術が確固たる物であるからだろう またこの技術…